CD愛用の受験者の、勉強時間の見積もり

宅建の勉強の途中に、CDをたっぷり使うと勉強の精度が増したり、勉強時間を増やせたりといいことずくめです。

それでは、宅建に受かるまでにかかる勉強時間は、総合するとどれくらい必要なのでしょうか。

宅建の総合的な勉強時間は、順調に進んだ場合と手こずってしまった場合・遠回りをしてしまった場合とで異なります。

比較的、順風満帆に宅建を勉強できた受験者:200~300時間

進捗がはかばかしくない時期があった受験者:500~600時間

注)これは、極端に論拠がある数字ではありません。アンケートの状況によっては、だいぶ異なる集計がなされることだって、珍しくありません。

しかし、うまくいけば300時間以内に受かる人は毎年出ているようです。この勉強時間は、半年くらいまでの日数があれば、あまり苦労しなくても消化できる分量です。たとえば300時間なら、ひと月あたり50時間になります。これは、1日2時間のノルマで勉強するならクリアするのは難しくないでしょう。

では600時間くらいの勉強時間がかかるとしたら? 

たとえば、1~2回くらい試験に失敗して、受け直したためにそれくらいの勉強時間がトータルでかかってしまったということだって考えられそうです。

または、10ヶ月くらいの時間をかけて勉強した場合ならどうでしょう? ひと月あたり60時間なら、確かにいかにもありえそうです。

そのほか、ひと月に100時間も勉強時間に充てるなら、半年で600時間になります。「ひと月で100時間」は、毎日欠かさず3時間以上ということになります。しかし、平日に2時間でも土日に6時間を超える時間をかけるような人なら、クリアできます……大学受験の前に、それくらいのノルマで勉強したという体験を持つ人は、わりといるはずですから。

宅建合格に必要な勉強時間について、ざっと述べてみましたがCDがその助けになることだけは間違いありません。CDが宅建の合格を揺さぶるとまでは書けませんが、勉強時間をコツコツと積み上げるためにCDが役立つことは真実です! 


>>CD、DVD、インターネット、すべて使える通信講座ならフォーサイトをチェック