宅建のCDを、なるべく経済負担なしで買いたいなら

宅建のCDは、受験勉強の成功に対して有形無形の貢献をしてくれる、頼もしい教材です。
CDを軽視する意見はよく出ているようですが、それらはじゅうぶんに使いこなせていない人から出ている可能性があります(できるだけ、使い道を模索してからコメントしていただきたいものですが)。

ところで、質のよい宅建のCDを買おうとするとどうしても枚数や収録時間の合計はそれなりの量になるでしょう。受験範囲をひと通り収めたものなら、なおさらですね。
そうなるとどうしても価格は上昇します。といっても、「CDを中心に、あとはテキストや過去問等をセットにした宅建講座」くらいだったら数万円くらいで買えるケースが増えているのですが。

もちろん、それでもいきなりは買いづらいという人もいるでしょう。失業者や転職活動者、学生やフリーター等だったらなおさらです。
しかし、分割で買うという手もあります。クレジットカードを持っているなら、分割払い(1回の支払額が5000円未満くらいに抑えることも可能)できるチャンスがありますし、その他の支払方法でも分割払いに応じてくれるケースはあるのです。

また、ハローワークが管轄する「教育訓練給付金制度」を使えば、受験で使う講座にかかる費用を負担してくれる可能性はあります。これを使える人は特定の条件を満たさないといけませんし、いったん支払いを済ませないといけないケースが普通ですが、利用できるかどうか一度確認するのも悪くありません。うまくいけば、宅建の講座の費用のほとんどが浮いてしまうチャンスがめぐってきますから。


>>CD、DVD、インターネット、すべて使える通信講座ならフォーサイトをチェック