CDの勉強がおすすめなわけ

宅建を勉強するとき、そもそもどうしてCDはおすすめできるのでしょうか? 
ここでよく考えてみましょう。

宅建を勉強する教材だったら、CD以外にも種類はあって、おすすめできそうなものも少なくないでしょう。
ベテランの指導者が書き下ろした教科書や参考書はたくさんありますし、CD以外にも音声型の教材は今のようなハイテクの時代だったらいろいろとあります。
そして、宅建のCDをよく出している、学校や通信講座の業界では、昔からカセット型の教材もよく出していたものでした。

現在、CDが宅建の勉強で強くおすすめされる理由のひとつは、CDだったらかさばらずに持ち運びができること、そしてCDだったらプレイヤーの種類も豊富で、プレイヤーごと邪魔にならないようにしてどこへいくにも持っていけることです。

宅建の受講者は、宅建に受験資格がないこともあって、年齢や性別、学歴や職歴等の制限なく多様な人たちが毎年のようにいるものですが、この受験者全般を通していえることは「誰もがとにかく忙しい」ことでしょう。いわゆるニートであったり、失業者であったりといった人たちもいますが、それでも時間がありあまっているというケースはめったにないと証明されています。つまり、受講者たちは時間との戦いをしながら宅建の受験勉強に励まないといけません。ここで役に立つとおすすめされるのが、CDになっている宅建の教材ですね。CDだったら、ただ立っているときや歩いているときでも、イヤホンを通してリスニングをすることができます。移動の最中にでも聴くことができますし、場合によっては何らかの作業(仕事でも家事でもかまいませんが)で手や身体を動かしながらでも聴くことができます。机に向って勉強する時間があまりとれない受験者たちにとって、宅建の講義がCDに収まっていることは莫大な利益をもたらしてくれるから、おすすめがさかんにされているのです。

そして、CDは日本に広まってから早くも四半世紀が過ぎましたから、どんな世代でもCDを取り扱うことはたやすくできるでしょう。音声型や映像型の教材だったら今ではCD以外にもあります(たとえば、インターネットからのダウンロード)が、世代によっては慣れていないためにスムーズに勉強ができなくなる可能性があります。
逆に、CD以前よりあったカセット型の教材となると、若い世代に広まっていませんし、CDと比べて何かとかさばりがちでもありますね。

宅建を、CDを使って勉強することは、不特定多数の多くの受験者にとって、今おすすめの勉強法となってきているのです。
それでは次のページから、CDの個別の紹介に入ります。


>>CD、DVD、インターネット、すべて使える通信講座ならフォーサイトをチェック