CDで独学した場合

宅建のCDがあると、独学ができるように錯覚をすることがあるようです。

(前のほうのページでもちょっと書いたと思いますが)宅建のCDには種類があります。
CDで個別に売っているものや、参考書の付属品となっているもの(参考書のほうがCDの付属品のこともありますが)、そして通信講座や学校の教材の一部となっているものがあります。
CDだけや参考書とセットになっているものを買ったら、それだけでも宅建の勉強がじゅうぶんできそうに感じる人も、(まだ宅建の勉強に慣れていない人たちを中心として)わりといるのではないでしょうか。

宅建のCDは、よく探せば本当によくできたCDがあることは紛れもない事実ですが、独学がだからといってできるのかといわれたら、答えは非常に微妙だと述べるしかありません。
宅建のCDを使った独学がうまくいかない理由はどんなものでしょうか?

宅建の試験は、合格率が毎年低調である
宅建の試験は、毎年合格率が20%を超えることがないように設定されています。
宅建の学校に通って、本式の勉強をしている人たちが毎年たくさん受験していますが、いちおう真面目に通っていたのに落ちてしまう人たちを集計すると、毎年膨大な数字になってしまいます。完成度の高い宅建のCDがあるからといって、独学で受験に成功しようと企むことは賢明な選択だとは到底考えられません。
宅建のCDは、いかによくできていても一方的に受け取るコンテンツである
宅建のCDは、参考書とセットになっている場合も含めて、それだけで販売されている場合は購入者がその中身を一方通行で受け取るだけの図式になりますね。
CDや参考書が、念入りにつくり上げられていたとしても、それを目にする(耳にする)購入者は、書いてあることや聴き取ったことをうまく呑み込めないことがあります。
不特定多数の購入者全員が間違えずに理解するようなつくり方をすることは、所詮は不可能なことなのですが、さて理解し切れない部分が出てきたときに、それをどうやって克服したらよいでしょうか?結局は、自分で何とかして調べ出すしかないでしょう
これは他の文献をあたってみるようなことになるかもしれませんし、余分な手間暇や費用がかかることになってしまいます。

独学ではなく、通信講座や学校の教材として宅建のCDを手に入れた場合は、わからないことを個別に質問することができます
今では、通信講座であっても質問をする方法がいろいろと用意されているのが当たり前です。

よくできた宅建のCDを探すのはけっこうなことですが、「それがあれば独学で合格ができる」なんて思い込みをすることはくれぐれも避けるようにしてほしいものです。


>>CD、DVD、インターネット、すべて使える通信講座ならフォーサイトをチェック