CDとDVDの教材の違い

宅建のCDにも種類があります。宅建のCDを大きく分けるとしたら、「音声型の講義を収録しているCD」と、「映像型の講義を収録しているCD(CD-ROMになることが多い)」と分けるのがいいのではないでしょうか。

さて、この2種類のCDだったら、どちらを選んだらいいでしょうか。
もちろん、最終的には自分の好みに合わせて選ぶほうがいいですが(ただし、映像型のCDは音声型のCDと比べて、つくられている割合はかなり少ないようです)、ここで違った角度から見てみましょう。

CDは、ほとんどの人たちは、気に入っているアーティストの楽曲を聴くために買っているでしょう。つまり、CDは音声を聴くためのいちばん親しまれている手段といえます。そんな役割のあるCDを使うのですから、やはり講義を音声で聴こうとする目的で役に立てたほうが自然なのではないでしょうか。

映像型の宅建の講義を見たい・聴きたいという場合だったら、CDよりもむしろDVDのほうがその役目を立派に果たしてくれるでしょう。
CDよりもDVDのほうが、視覚的に宅建を学ぶ上ではユーザにとって何かと好都合です(最近はDVDを通り越して、インターネットで直接映像を送ってもらうほうがいいという意見も当たり前のように出てくる時代になりました。
確かに、インターネット上で再生する場合は、パソコンと通信環境があればどこでもOKですが、その分受講者宅の環境に左右され、鮮明な映像を届けてもらえないこともあります。まだ現状は、DVDのほうがWebでのストリーミング等よりも安定していて無難でしょう)。

宅建のCDとDVDは、それぞれを、音声型の講義再生用、映像型の講義再生用としてうまく使い分けることがいちばんおすすめできる勉強方法となりますね。
CDとDVDの両方の教材をつくっている宅建通信講座もありますし、しかも両方をセットで申し込むとバラバラに申し込みをするよりも格段に値引きされる通信講座もあります。
宅建のCDとDVD両方を手に入れて、たとえば自宅ではDVDを使って講師の姿や板書を目にしながら勉強し、外出時はCDを持参してイヤホンを通して講義を聴き取るようにして勉強時間を増やす努力をするというやり方が考えられます。

音声型のCDと映像型のDVDをうまく使って、1度の受験でうまく宅建に受かりたいものですね。


>>CD、DVD、インターネット、すべて使える通信講座ならフォーサイトをチェック